悪徳不動産会社の見分け方

不動産会社選びに悩んだら

賃貸マンションを借りるときに、どの不動産業者を利用すればいいのか迷う……という人は多いものです。
テレビコマーシャルを流している大手チェーン店を利用するべきか、昔ながらの不動産屋を利用するべきか。
部屋探し情報がインターネットから探せる時代、情報だけは氾濫していますが、いざ部屋を借りるとなると、どの会社が信頼できるのかまではなかなかわかりません。

しかし悪質な不動産会社で賃貸契約を交わすと、思わぬ出費があったり、退去時にトラブルが起こったりと、困った事態になりかねません。
不動産屋選びは慎重に行いましょう。

不動産業者のチェックポイント

不動産業者を選ぶときに、まずチェックしたいのが宅地建物取引の免許に関する表示です。
不動産業者は宅地建物取引業の免許がなければ開業できず、国土交通大臣または、都道府県知事に対して5年ごとに免許の更新しなければいけません。

どの不動産屋でも玄関などの客に見えるところに、認可番号を表示した看板を掲げています。
看板には国土交通大臣(県知事)免許として括弧付き数字が書かれています。
これは免許の更新番号で、開業してから何度免許の更新を行ったかを示す数字です。
したがってこの数字が大きいほど経営年数が長く、経験が豊富であることがわります。

例えば国土交通大臣免許(1)と書かれていれば、まだ開業してから1度しか更新していない、経験の浅い不動産屋だということです。
不動産屋は地元の情報力が最大の武器です。
地元で長年経営をしているところの方が、豊富な情報をもっていますから、有利な物件がみつかりやすいのです。
免許がないのは論外ですが、免許の更新数を確認するのも大切です。

また、お店の雰囲気も重要なチェックポイントです。
明るくて、清潔なお店を選びましょう。
書類などが乱雑に積み上げられている机、応接間の灰皿には吸い殻が何本もあるなど、整理整頓を怠っている会社は信用できません。
細かな契約を交わす不動産会社で、事務所が乱雑な会社は無能の看板を掲げているのも同然です。

最近は手数料が半額、礼金が0円といった値引きサービスを行うところも増えてきました。
引っ越しは何かと物入りですから、少しでも節約したいユーザーの需要に応えるサービスですが、このような安い物件を数多く紹介しているところでの契約は慎重に行いましょう。

手数料や礼金が少なくても、他のところでお金を取られるかもしれません。
例えば入居時に前に住んでいた人のカギを交換しますが、この代金を別に請求されたり、退去時に部屋のクリーニング代を請求されたりといった被害が報告されています。

悪質な不動産会社に引っかからないためには、一つの不動産会社で決めないことが大切です。
面倒でも数件を回って、サービスを比べてみることをおすすめします。