ピッキング被害を防ぐ

空き巣

ピッキング空き巣は決して珍しい犯罪ではありません。
隣近所の人がお互いに顔見知りの地方地域でこそ家に鍵をかけなくても空き巣被害が起こらないかもしれませんが、
都市部においてはかなりの頻度で空き巣犯罪は起こっています。

一人暮らしの人などは、朝早くに会社に出かけて夜遅くまで帰ってこないようなことも多く、
発見が遅れることで犯人の逮捕ができにくくなってしまったりします。
金目のものはないから大丈夫、なんて高をくくっていても、
通帳を盗まれればその口座を犯罪に使われてしまう可能性がありますし、
何より鍵をかけたはずの部屋に勝手に入られてしまったということでかなり心理的に嫌な思いをしてしまうでしょう。
自宅に帰ってきたら部屋中がめちゃくちゃに荒らされていたとなると、
ショックの大きさは計り知れません。

そこで、近年多発するピッキング被害を防ぐために、
狙われやすい鍵をしている住宅ではすみやかに交換をすることをおすすめします。
そもそもピッキング行為とは、自宅やアパートの入り口についている鍵に鍵以外の工具を差し入れるなどして
施錠を強制的に解くという方法です。

鍵を数秒で開けてしまいます

古い鍵になるとプロは数秒で開けてしまうこともできるほどなので、
一瞬の隙を付かれてすぐに侵入をされてしまうことになります。
最近建築される住宅はそのあたりのことを考えてピッキングができにくいタイプの鍵を設置していますが、
古い住宅においては管理人が防犯を軽く考え長年交換をせずにそのまま使用しているケースがよくあります。
古い家に住んでいる人はまず自宅の鍵穴をよく確認してみてください。

簡単にピッキングができてしまう鍵の種類としては、
まず昔ながらの鍵形式である「ディスクシリンダー」というものです。
ディスクシリンダータイプの特徴は鍵穴が正面から見ると「く」の字になっているものです。
これは全世帯の約5割を今も占めていると言われている危険な鍵です。
また、鍵穴がノブについているタイプの鍵や、
内側からかける鍵がボタン式になっているものも同様に簡単に開けられてしまいます。

反対にピッキング対策に有効な鍵は、カードキーや電子ロックによるボタン式の鍵です。
また鍵穴に差し込むタイプの鍵なら、ディンプルキーという表面に凸凹の穴がついているタイプの鍵や、
ロータリーシリンダーという鍵穴がかなり狭く作られているタイプのものです。
もし危険な鍵を使用しているようなら、賃貸住宅の管理人に相談するなどし、
早めに交換してもらいましょう。