注文住宅とは

注文住宅の魅力

注文住宅新築の一戸建てには、注文住宅と建売の分譲住宅の2つの種類があります。
注文住宅とは洋服で言えば、高給オーダーメードのオートクチュールのようなものです。
一方、建売の分譲住宅は、ブティックで売られている既製品の洋服のようなものです。

つまり、分譲住宅がすでに完成している既製品だとしたら、注文住宅は自分の意見を取り入れてその人にピッタリの家を一からあつらえる方法です。
このため注文住宅では、希望の間取りや採光、デザインなど、細かな注文に応じたこだわりのある家が作れるのが最大の魅力となります。

予算に合わせてさまざまな価格で注文住宅は作れますが、材質や内装などにこだわり過ぎると、予算オーバーになりやすいので注意が必要です。

広々としたバスルームがほしい。
対面型のキッチンで料理がしたい。
暖炉がほしい。
吹き抜けのある明るい家に住みたい。
――このような、さまざまな注文に応じてくれます。

夢のマイホームなのだから自分の希望通りの家に住みたいという方や、住まいにこだわりのある方におすすめです。

注文住宅はこのように、自分の希望を取り入れた好みの家が作れるのが最大のメリットですが、将来のことも考えて、しっかりとしたビジョンを持って建てないと、後悔することもあります。
満足のいくマイホームを建てるためには、建築士や工務店の人とじっくりと話し合って納得の行くプランで家を建てることが大切です。

 

注文住宅のデメリット

魅力的な注文住宅ですが、デメリットもあります。

注文住宅のデメリットは、自分の希望を伝え、どのような家を作っていくのかを建築士や工務店と相談し、予算の調整などをしなければいけませんから、分譲住宅に比べると完成までに長い期間がかかることです。

また土地から探さなければいけないので、土地代はもちろんのこと、土地購入の際の仲介手数料や、場合によっては土地を造成するための費用もかかります。

そして実際に完成するまでは、どのような家が作られているのかわかりませんから、自分が考えていた家と違っていたと後悔する場合もあるのです。
たとえ思い通りの家ができても、素人が考えたプランの場合は、動線効率などが配慮されていないことが多いので、実際に住むと意外と使いにくいということも考えられます。

注文住宅で理想のマイホームを作るためには、事前にさまざまな情報を集めて知識を蓄えた上でプランを立てることが大切です。

つまり、施工主にもある程度の知識が求められるのです。
注文住宅は手間暇はかかりますが、無事に完成し、実際に暮らし始めたときの満足度は計り知れないほど、大きいものです。
理想の暮らしを手に入れたいという夢をかなえるために、注文住宅を検討されてはいかがでしょうか。