ローコスト住宅とは

ローコスト住宅の特徴、魅力

自宅用の土地や建物を探しているとよく見かけるのが「ローコスト住宅」です。
ローコスト住宅とは周辺の相場よりも安い価格で販売されている住宅のことで、主に大手住宅メーカーが宣伝しているのを見かけます。
土地・建物という不動産を購入する時にはかなり大きな金額が動くことになりますので、少しでも安く購入をしたいと思うものです。

実際にローコスト住宅として販売されている住宅は坪単価にすると30~40万円程度、総額にすると1000万円台で建築することができるものを言います。
通常の相場で換算をすると坪単価は70~80万円程度となるのが相場であるとすると、かなり安い建築費用となるでしょう。

これだけ極端に安い価格が提示されると若干不安に感じるところですが、ローコスト住宅として提案をしているメーカーの場合、きちんとどこで必要経費を削っているかを明確にしています。
逆になぜここまで安いのかということをはっきり説明できない業者は怪しいということになりますので、選定をするときの参考にしてみてください。

一般的にローコスト住宅で採用されているのが建材の調達ルートの簡略化です。
自社工場でプレスやカットをしていくことにより、他の業者よりもかなり安く調達できるようにしているというのが、ローコスト住宅で最も多く見られる事例です。

メリット・デメリット

ローコスト住宅の最大のメリットは、なんと言っても住宅建築にかかる費用を大幅に抑えることができるという点でしょう。
住宅を建築するとなると1000万円以上の金額が動くことになりますので、数十万円でも節約できるのであれば、そちらの方法を使用したいと考える人は多いはずです。
ローコスト住宅で購入をした場合にはローン返済額も少なくてすみますので、早期に完済をしたり家族のための預貯金に回すこともできるようになります。

また、ローコスト住宅の場合は間取りや住宅設備がかなりシンプルに抑えられていることが多いので、建築にかかる日数も少なく済むというメリットもあります。
シンプルな住宅設備として購入をして、そこから自分の理想にあった住宅にしていくこともできますので、できることは自分でやりたいという人に向いていると言えるかもしれません。

一方でデメリットとなるのが、坪単価として計算されることにより、余計なオプションにより結局割高になってしまうことです。
「坪単価」という単位は非常に曖昧なものであるので、諸経費として計算をしてみると周辺相場と比べてそれほどローコストではないということもよくあります。

ローコスト住宅を建築するときには、オプションなど含めて見積もりをとってから比較をすることをおすすめします。