ペット共生住宅とは

ペット共生住宅の特徴、魅力

ペット共生住宅は、ここ近年不動産業界のキーワードにもなっている非常に有名な建築方式です。
現在は空前のペットブームと言われているように、ペットと一緒に生活することができる住宅の需要が大きく高まっています。

賃貸住宅のほとんどは犬や猫を室内で飼育することによる抜け毛や糞尿、泣き声などの騒音を問題視してペット不可としているものです。
しかし海外の賃貸住宅ではペット飼育の自由度がかなり高いということもあり、日本においてもペット可の住宅が増えつつあります。

入居者が集まりにくいアパートやマンションが規約を変更してペット可とするような例もあるのですが、そうした「ペット可」物件ではペットに必要な飼育環境を用意できないということもあるでしょう。

そこで注目されているのが「ペット共生住宅」で、こちらはペット飼育に適した住宅設備を備えてくれています。
マンションやアパートへの入居を考えている場合には、「ペット可」と「ペット共生」でかなり物件設備が異なることを知っておくべきでしょう。

メリット・デメリット

まず「ペット可」と「ペット共生」でどう物件が異なるかというと、「ペット共生」物件の場合ペットを飼育するときに必要になる設備をあらかじめ設置してくれているというところに特徴があります。

例えばエントランスやベランダに水道が設置されていたり、各部屋を移動するための扉にペット用の出入り口があるというようなものです。

特に犬を飼育する場合には毎日の散歩として屋外に連れ出さないといけなかったり、室内で走り回ったりというようなことがあります。
そうしたときに室内設備をそれに対応させておくことにより、飼育をする人にとってもペットにとっても快適な住環境となるのです。

それと「ペット可」物件の場合はあくまでもペットを飼育するかどうかは入居者の自由ということになっていますが、「ペット共生」物件ではペットを飼育することが既に前提となっています。
そのため、入居者がペット飼育に伴い発生するニオイや騒音に対して受け入れることができるという点がメリットでしょう。

ペット共生住宅のデメリットとしては、ペットが亡くなってしまうなどペットがいない状態になると不要になる住宅設備ができてしまうことです。
賃貸住宅の場合などはペット向けの設備があることにより家賃が割高になっていることも多いので、ペットがいなくなってしまったときにはその住宅に住み続けるメリットがなくなってしまうことがあります。

将来的にペットを飼育することを考えていないという人にとっては、ペット共生住宅での生活ではかなり大きなデメリットになってしまいますので、そのあたりは考えて入居をしてみるとよいでしょう。