建売住宅とは

建売住宅のメリット

建売住宅とは、土地と家がセットになってハウスメーカーなどから販売されている住宅で、家のデザインがあらかじめ決まっています。
画一的で、間取りなどを自分で自由に決めにくいのが難点ですが、その分、プロの設計士が住みやすいように工夫し、快適で住み心地の良いデザインが採用されています。
また、最初からどのような家が出来上がるかがわかっているので、購入後も後悔をすることが少ないのが特徴です。

土地も一括して購入しますから、土地購入の手間と資金が節約できるのも魅力です。
土地も一括購入するのでトータルの費用がわかりやくすく、資金計画も立てやすくなります。

注文住宅のように土地から購入する場合は、仲介手数料が発生したり、土地造成の費用がかかったりする場合もあり、何かと費用がかかります。
しかし分譲住宅なら土地にかかる費用を節約できるので、その分を住宅の費用に回してより良い物件を購入できるのです。

そして建売住宅は規格品ですから、建築材料や設備などを大量に発注します。
このため、1つずつ建材を注文をする注文建築に比べて、価格が低く設定されています。
価格が低いからといって品質の劣るものを使っているわけではなく、大量注文でコストを下げているので、良質な材質や設備を使った家が安い価格で手に入るのです。
しかし設備などはハウスメーカーが決めたものしか使えませんから、何社か見比べて、なるべく自分の好みに近いものが使われているハウスメーカーから購入するといった工夫が必要となります。

購入を決めてから入居までの期間も、建売住宅に比べて短時間ですみます。
すぐに新しい生活をスタートしたいという方に、建売住宅はおすすめです。
分譲住宅の開発地なら、同じタイミングで引っ越してくる世帯が多いので、ご近所とのコミュニケーションがスムーズにいきやすいのも大きなメリットです。

建売住宅のデメリット

しかし、建売住宅にもデメリットはあります。
建売の場合は既に完成しているものを購入しますから、建築途中のプロセスが見られません。
このため、手抜き工事や構造上の不具合があっても、わからないのが大きなデメリットです。

とはいえ、建築段階での様子を見ても素人ではわかりにくい欠陥も多いですから、実際に自分の目で確かめられない部分については、メーカーや不動産会社からの説明で補って、納得のいく物件を探すことが大切です。
何度も展示場に足を運び、モデルハウスをしっかりと見学して、少しでも疑問に思うことは遠慮なく聞きましょう。

マイホームは高い買い物ですし、安心して暮らせる安全性が何よりも求められます。
購入してから後悔しないように、説明をじっくりと聞いて、納得のいく物件を選びましょう。