マンションリフォームマネジャー

マンションのリフォームに関する専門家「マンションリフォームマネジャー」

最近は新築マンションを購入するよりも、中古マンションを購入し、自分、またご家族が住みやすいようにリフォームするということが多くなっているといいます。
またマンション経営をされている方は、より魅力のあるマンションとするために、リフォームなど専門家に相談しながらリフォームを行うことも少なくありません。

このマンションリフォームについて相談できる専門家がマンションリフォームマネジャーです。

マンションの居住者が暮らす部分、占有部分において、リフォームを行う際、どのようなリフォームを行うのか提案、設計等行い、工事の調整や施工管理などを行うのが主な仕事です。

この資格は国土交通省指導により公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理センターが認定しています。
マンションリフォームマネジャーという資格制度が作られた背景には、マンション特有の改修など行う際の問題点があります。

マンションリフォームマネジャーが生まれた背景

マンションの専有部分をリフォームする時には、区分所有法及び管理規約の制約があり、共用部分と専用部分のことや構造体のこと、さらに管理組合などで問題が起こる事もあります。

構造上の問題としては、音や振動、上下にお住まいの方への関係、さらに水回りなどについては排水勾配等をよく考えてリフォームしなければなりません。
こうした様々な条件をクリアし限られたマンションの一室をリフォームするということになると、やはり専門的な知識が必要となります。

また管理組合などマンション管理を行う所にも、工事についての調整やスケジュールを明らかにするなど様々な事が必要となってきます。

マンションリフォームに関して専門的知識を持ち、実際に工事するという時にも、しっかり対応できるようにしなければなりません。

マンションリフォームマネジャーの試験はいつどのように行われる?

マンションリフォームマネジャーの試験については例年10月初旬位に行われています。
試験内容としては学科試験が4択で、50問120分の試験です。
ここではマンション不利フォームに関する専門知識を問われます。

設計製図試験はマンションリフォームのプランニングとして1問180分で行われます。
マンションの専有部分に係わるリフォームの設計図書作成の知識を問われます。

受験資格は特になく誰でも受験にチャレンジできる資格試験です。
試験地は札幌、東京都、名古屋市、大阪府、福岡脚です。
合格発表は例年12月初旬となります。

受験費用や受験地の詳しい場所などは、公益財団法人住宅リフォーム・粉砕処理支援センターのホームページに掲載されていますので、必ず確認してください。