公認 不動産コンサルティングマスター

どんな資格?公認 不動産コンサルティングマスター

不動産関係の資格としては最近様々な資格がありますが、その中でも名前があまり知られていないものもあります。
宅地建物取引主任者や不動産鑑定士といった名前については、不動産関係の資格の中でもよく耳に染ます。

しかし公認 不動産コンサルティングマスターという資格は聞きなれない資格です。
以前は公認 不動産コンサルティングマスターではなく、不動産コンサルティング技能登録者という資格でした。

この資格は、不動産コンサルティング業務を行う場合に、一定の水準の知識、技能、実務等がある事を証明するもので、国家資格ではないのですが、試験登録について、国土交通省に試験内容、運用制度など登録しているので、レベルの高い資格であり、不動産業界の中でも注目の資格です。

公認 不動産コンサルティングマスターの受験資格は?

公認 不動産コンサルティングマスターの試験は年1回行われています。
この資格については受験資格が必要となり、
宅地建物取引主任者、不動産鑑定士、さらに一級建築士などの資格保持者であることが求められています。

いずれも、レベルの高い資格なので、こうした資格取得者が取得にチャレンジする資格だという事を理解しておくべきです。

試験科目については、不動産コンサルティング実務と事業、経営・金融、税制、さらに法律、建築という分野に及びます。

公認 不動産コンサルティングマスターはどのような事を行うのか

そもそもこの公認 不動産コンサルティングマスターという資格者はどのような仕事を行うのかというと、不動産に関する様々ン仕事を行います。
不動産を有効的に活用するということや、建て替えする場合の企画や提案、また事業実施の管理、さらには不動産などの相続について事前に準備する場合のサポートなども仕事の一環です。

賃貸物件や賃貸の土地などの整理や活用、不動産投資を行う方にアドバイスするということもあります。
このように公認 不動産コンサルティングマスターは幅広い不動産に関する仕事を行う必要があり、法律についてや、様々な知識を理解しておくことが必要です。

こうした業務そのものについては法律によってこの資格が絶対に必要ということではありませんが、依頼された人にとっては不動産という大切な財産について相談、サポートしてもらうことになるので、公認 不動産コンサルティングマスターは責任をもってこうした業務を行う必要があります。

スキルアップ、転職などにも有利に働く資格

この資格は、不動産に関しての高いスキルを持っていることの証明になりますし、不動産業務のプロという立ち位置になります。

不動産売買や賃貸仲介についても物件情報の紹介だけではなく、現在は依頼されてきた方の悩みやトラブルを解決するということが必要となりますし、業務は複雑化しています。
不動産に関する高いスキルを持っていることが必要となるこの資格を保有していることで、不動産関連業務への転職、就職、またスキルアップにも有利になる資格です。