シビルコンサルティングマネージャ

建設コンサルタントの発達を促すために作られたシビルコンサルティングマネージャ

建設コンサルタント業務の内容等は国土交通省によって公示し、この建設コンサルタントの利用を考える依頼者が安心して依頼できるように、高いスキルをもった建設コンサルタントの育成等のために作られた資格がシビルコンサルティングマネージャです。

この資格は、地質コンサルタント業務に就いて管理技術者、照査技術者として認めるもので、業務の中で関係してくる技術上の事項をしっかり処理し、業務成果の照査という任務にあたる資格です。
建設コンサルティング業務の管理技術者、照査技術者となる知識、技能、能力を持っていることを証明する民間資格で、社団法人建設コンサルタンツ協会が実施しています。

この建設コンサルタンツ協会の実施管理については、RCCM資格制度管理委員会があり、学識経験者、発注機関代表などによって構成されています。
建設コンサルティングの業務に就いては、建設コンサルタント登録を行った業者以外が出来ないものとなり、結果、この資格については建設コンサルタント限定の資格といえます。

どのような資格制度なのか

シビルコンサルティングマネージャは、平成3年に創設された資格制度で、制度について構成、公平性を保持するということから、RCCM資格制度管理委員会があります。

この資格制度の目的としては技術管理者や技術士が指導のもと、業務を直接管理する人材、また照査の責任者という人材になることで、建設コンサルタント業務が公正にまた円滑にできるようにするもので、より一層、建設コンサルティング業務の技術力が向上するために作られたものです。

シビルコンサルティングマネージャの下田興業株式会社を得て活用するためには、一般社団法人建設コンサルタンツ協会のRCCM登録簿に登録することが必要となります。
またこの資格取得後、4年以上経過した人が更新若しくは新規登録を行うという場合、所定のCPD単位数の取得、さらにRCCM登録更新講習を受ける必要があります。

シビルコンサルティングマネージャの資格試験概要

この試験は筆記試験のみで行われます。
あらかじめ専門技術部門の内容の中から、受験者は1つの部門を専門技術部門として選択、その分野について、自己の専門技術分野の業務経験、業務関連法制度、建築一般知識、技術者論理等、土木関連の基礎共通技術知識、受験する専門技術の技術知識が試験されます。

4分野のうち経験論文を午前中に御子に亜、午後にその他3つの分野の試験があります。
試験時間は午前2時間、午後4時間5分となっています。

受験資格については学歴と実務経験によって違いがあり、最終学歴が大学院の場合実務経験は8年、大学の場合10年、短期大学や5年制投稿専門学校は12年、高等学校は14年、中学校は17年必要とされています。