欠陥住宅の原因

経験不足の施主には欠陥は見つけるのは困難

欠陥住宅が社会問題になって久しいですが、被害は依然として発生しています。
欠陥住宅が発生するのは建築業界の発注システムなどに問題があると指摘されており、大手のハウスメーカーであっても、決して安心できないのが現状です。

私たちは清水の舞台から飛び降りる気持ちで、マイホームを購入します。
ほとんどの人にとって住宅の購入は、人生の一大イベントです。
人生でたった一度しか経験しないのですから、当然建築に関する知識が乏しく、施工主はプロのハウスメーカーや施工業者に一任することになります。

また、メーカーや施工会社からは専門的な説明や詳しい説明はほとんどされません。
見積書も部品1つまでの詳しい明細が書くれているわけでもありません。
つまり、事前の話し合いや説明が不十分なまま住宅の購入や、建築の契約をしてしまうケースが多いのです。
これでは、実際に暮らし始めてから不満が出るのは当然です。

営業マンは建築のプロではない

よく誤解されるのですが、建築のプロではありません。
自社製品の説明は受けていますが建築士ではありませんから、建築に関する知識が乏しい人がほとんどです。
営業さんが頑張ってくれるから大丈夫と考えるのは、根拠のない安心感であることを頭に入れておきましょう。

また、建築業界は細かな分業制度が取られており、工事は元請けから下請け、下請けから孫請けへと回されます。
現場で働く職人さんと、元請けの施工業者やハウスメーカーとの接点がないことがモラル低下につながります。

誠実な職人さんがそろっている下請け業者ならいいのですが、いい加減な下請け業者が施行をしていても、私たちにはわかりません。
特に低予算で納期が厳しい工事の場合は、少しでも安く少しでも早く仕事を終えたいと考えて、現場での手抜きが発生しやすくなります。

現場管理が甘い場合もある

現場で何か問題があった場合に備えて、管理責任者が配置されているのですが、チェック事態が甘い場合があるので要注意です。
ビルの建築などの場合は、施工会社と監理会社は別の会社が担当します。
しかし住宅の建築では、施工者と監理者は同じ会社が行うケースが大半なのです。
したがって、チェックも自然と甘くなります。

また建築についての知識が少ない人や経験不足の人でも現場監督に配属されるケースは珍しくありません。
現場監督は監理技術者とは違うので、詳しい建築知識がなくても務まるからです。
また人件費を削減するために、一人の現場監督が受け持つ物件が多すぎて、物件ごとに細かくチェックできないという事情もあります。

このように私たちの目に触れない場所で、何かが行われていてもわからないことから、欠陥住宅のトラブルは絶えません。