シロアリのトラブル

シロアリトラブルの対処法

シロアリの巣家屋の木造部分などを食べて、家を台無しにするシロアリ。
シロアリの発生は、マイホームの土台がむしばまれるだけでなく、ご近所とのトラブルの元になることも多いので、厄介です。

シロアリはじめじめとした湿気が多い場所、暗い場所、風が通らなくて温かい場所が大好きです。
このため、湿気の多い床下に好んで住み着いてしまいます。
暖かくて湿気の多い風呂場も要注意です。
タイルの割れ目などの細かなすき間を見つけては、住み着いてしまいます。

シロアリを防ぐためには、なるべく家の風通しを良くして、湿気を少なくしておく必要があります。
しかし、これらの努力だけでは限界がありますから、床下などの土壌や、家の木材に薬剤処理を行って、シロアリを防ぎましょう。

新築時にシロアリ防止の薬剤対策が行われますが、薬剤の効果は5年くらいしか持続しません。
5年ごとに薬剤処理をして、効果を維持することをおすすめします。

ご近所とのトラブル

シロアリの発生をめぐってご近所とのトラブルで最も多いのが、「お宅の家がきちんと管理をしていなから、お宅のシロアリがうちにもやって来た」とクレームが出るケースです。
またシロアリを駆除した後に、お宅のシロアリがうちに逃げ込んできたと文句を言われることもよくあります。

日本のほぼ全土に生息するヤマトシロアリは、敷地から移動することはほとんどありません。
もしご近所にもヤマトシロアリが発生したのなら、もともとその敷地に住んでいたヤマトシロアリが家に被害を及ぼしたと考えられます。

しかし、西の太平洋側の地域に生息するイエシロアリの場合は、巣を完全に取り除けなかった場合など、まれに駆除処理をしてもすべてのイエシロアリを処分できないことがあります。
とはいえ専門の業者に頼んだのなら、イエシロアリが全滅しているのが当然ですから、この点をきちんと説明して理解してもらいましょう。

ご近所とのトラブルを起こさないためには、ふだんからのお付き合いや情報をみんなで共有することが大切です。
地域でシロアリに関する勉強会などを開いて、シロアリの習性などを学ぶことで、トラブルが回避しやすくなります。
シロアリの知識を学んでおけば、シロアリの発生はどこの家でも起こりうることや、シロアリの習性からみても、隣家からの侵入はほとんどないなどの知識をみんなが得られますから、トラブルを大幅に減らせるのです。

地域ぐるみでシロアリ撲滅に取り組むのも有効です。
町内会などでご近所が協力しあってシロアリの駆除を行えば、トラブルが防止できるうえに、費用を安くすることも可能です。
また、普段から敷地内や家の周りを整理整頓して、管理が悪いなどのクレームが出ないように注意しましょう。