トラブルに巻き込まれない為に

リフォームのトラブル

リフォーム古い住宅をピカピカの新しい住宅に蘇らせてくれるリフォームですが、実際には完全に満足できる施工どころか非常に後味の悪いトラブルになってしまうこともよくあります。
あとからそうしたトラブルが発覚すると、せっかくの住宅もなんだか居づらいものになってしまいますので、依頼をするときにはきちんと事前にチェックをして、できるだけトラブルが起こりにくい環境を作っていくことが大切になります。

リフォームに関するトラブルで争いが大きくなりがちなのが、あとから追加料金が発生するというケースです。
リフォームのための施工に実際に掛かる前には、どこをどのように工事するかという打ち合わせをしつつ、いくらくらいかかるかという見積をとってもらいます。
このとき依頼をする側としては少しでもよい条件で工事をしてくれるところをお願いするためにいくつか相見積もりをするのが通常です。
ですが工事業者の中にはそうした相見積もりを見越して最初はわざと安い金額を提示しておき、工事にかかってから追加料金を請求してくるという手口を用いるケースもあります。
しかもそうした追加料金は、わざとそれを狙う悪質な業社ばかりでなくごく一般的なリフォームメーカーであっても行うことであるのでかなり注意しておきたいところです。

見積金額だけで判断するのは危険

よくあるケースとして、まず見積もりをとってもらいその金額でお願いしたところ、実際に解体を勧めてみたら何らかの不具合(地盤が緩かった、土台が破損していたなど)が発見され、それを追加工事として行うとかなり割高になってしまうというような場合です。
依頼をした側としてはすでに一度解体にかかってしまっていますし、ともかく早く直してもらえないと住宅機能が損なわれたままになってしまいますので、仕方なしに追加料金に応じることになります。

また反対に工事の途中経過を依頼者がチェックに来た時に気になる部分を発見し、多少追加料金がかかってもよいので対応してほしいとお願いをしたものの、出来上がってみたら全くその部分が反映されていなかったというようなこともあったりします。

こうした建築内容についてのトラブルを回避するためには、何と言っても事前の打ち合わせが重要になってきます。
最初に挙げた解体後に判明する不具合についても、全く予想ができないということでもありませんから、もしそのような事態があったらどうするかということもきちんと事前に定めておけばあとから争いに発展することがありません。