入居の申し込みに関するトラブル

入居時のトラブル

不動産取引においては、金額が高いことと契約に時間がかかることから申し込み順位を確定させるための「申込金」という制度がとられることがあります。
ただこの申込金については非常にトラブルが起こりやすく、業社によっては本来告げるべき法律内容を隠して消費者から請求するようなケースも見られていることから、現在はできるだけ行わないようにという行政的指導が行われているところです。
ですが「申込金」とよく似たものに「手付金」や「予約金」というようなものもあり、一般消費者にとってはわかりづらいままなんとなく支払ってしまうこともあります。
この申込金に関するトラブルで面倒な点は、単に金額を支払うという損失だけでなく支払ったことで勝手に契約を確定されてしまうようなこともあるという点です。
なのでもし実際に売買契約を結ぶかどうかが確定していない物件については、安易に申込金やそれに似た金額を支払うのはやめておいた方がよいでしょう。

申込金のトラブル

実際にあった申込金に係るトラブルを紹介すると、まだそこに入居をすることをはっきり決定したわけではない物件について申込金として家賃の1ヶ月の金額を請求されたということがあります。
そもそも申込金として請求される額が家賃1ヶ月分というのが高い金額設定なのですが、まだ入居を確定していない人に対して支払いを求めるというのはおかしな話です。
仮に他から入居申し込みが合った場合にこちらを優先してくれるという意味での支払いとして使用するにしても、のちに入居申し込みを撤回した場合にはその金額はまるごと返金を受けることになります。
ですが「申込金」という名目で支払った場合には業者側が返金に応じないというケースもあり、おかしいと思いつつも消費者側が泣き寝入りをするというケースも多くあります。
まずは「申込金」という請求そのものがおかしいということをしっかり頭に入れ、迷っているなら支払いはせずにいることが大切になります。

また次に入居前のトラブルとしてよくあるのが一度申し込みだけはしたものの、正式に賃貸契約をする前に気が変わって入居を取り消すという場合です。
業社によってはそうした撤回をいやがり強引に手続きを進めようとすることもありますが、撤回の意志が固いのであればその後の手続きは一切してはいけません。
基本的には正式な契約書の取り交わしがないうちは自由に撤回ができるものと定められているので、もし撤回に応じてもらえない場合には地域自治体の相談窓口に行ってみてください。