設備などのトラブル

設備の整っていない賃貸住宅

選び抜いて決めた賃貸住宅であっても、実際に入居してみたら期待していた通りの設備が整っていなかったというようなこともよくあります。
自宅用として購入した住宅やマンションであれば、後からそれらの設備を自由に工事改変することも可能ですが、賃貸住宅の場合には入居者が勝手に行うことはできません。
仮にどうしても工事をしたい場合にはまず管理者に確認と許可をとるようにし、退去時に原状回復として元通りにする工事を再び行うかもしくはその新しい設備部分の買い取りを求めるというような作業が必要になってきます。
ですが、入居者側の特殊な事情により行う特別な工事であるならともかく、一般的な生活において足りないと感じる設備については、入居前にお願いをすれば管理者側の負担により行ってくれることがほとんどなので、まずは相談をしてから考えることをおすすめします。

設備に関するトラブル

よくあるのが、部屋に設置してある機器の故障です。
賃貸住宅においては、通常設備として給湯装置やエアコンなどが付いているものですが、入居後に急にそれらが故障するというのは十分にあることです。
基本的にはそうした生活必需品となる設備については、申し出により貸主側が負担をして設備を元に戻すこととなっています。
ですが契約の内容によっては、そうした設備の中にはあらかじめ入居者側の負担によって行うものと決められていることがあります。
室内設備のすべてが入居者側負担ということはないでしょうが、例えば水回りの故障である詰まりや、室内設備の照明については故障は入居者側が負担して直すものとするとしていることはよくあります。

若干面倒になりがちなのがエアコンの設備です。
エアコンを新たに取り付けるときには、場合によっては新たに壁に穴を開けなくてはならないなど大きな工事になってしまいます。
もし備え付けのエアコンが壊れたことで最新式のものをつけたいと考えるなら、どのように負担をするか管理業社や大家さんときちんと相談してからにしましょう。
勝手に取り外したり、退去時に持ち去ったりするとあとから古いエアコンについて請求を受けるかもしれません。