隣家がゴミ屋敷だった

ゴミ屋敷問題

ごみ屋敷テレビなどでたびたび特集されることもある「ゴミ屋敷」ですが、
これは案外身近なところにも起こる大変やっかいな問題です。

通常の日常生活を送っている人にとってはなかなか理解しがたい感覚ですが、
住民の中には自宅で発生したゴミを外にだすことを嫌って、
室内にどんどん貯めこんでいくことを習慣にされている方もいます。

それだけでは飽きたらず、さらには毎日どこかに出かけては
別のところで発生したゴミを自宅に持ち込んできてそれを家の庭やベランダに
積み上げていくということをする人もいるようです。

当然のことながらゴミが多く集まって来ますとひどい腐敗臭が発生してきますし、
そこからゴキブリやハエといった不衛生な虫が大繁殖を起こしたりします。

しかしながら、こうしたゴミ屋敷については個人の室内で起こることであるため、
明確な被害が起きない限り行政側はなかなか動きづらいという問題点があります。

集合住宅でのゴミ屋敷は大問題

このようなゴミ屋敷でもっとも大きな被害を受けるのは同じ集合住宅に暮らす人達です。
入居するときにはまさか隣や階下がゴミ屋敷であるかどうかを知らずにいるわけですから、
実際に生活をはじめてみてようやくひどい悪臭や虫の発生に悩まされることになります。

もし同じマンションの隣や階下でこのようなゴミ屋敷ができてしまっていた場合、
直接文句を言いに行ってしまったことで、非常に険悪な関係になってしまうこともよくあります。

ゴミ屋敷の主の方が逆恨みをして、以後わざとゴミのニオイなどを
感じやすくしてしまうといった幼稚な仕返しを初めるようなケースもよくあります。
そんなときに管理会社の方に連絡が入るのですが、口頭で注意をしたくらいでは
すぐに片付けをしてくれるようなことはほとんどありません。

ただ、ゴミがベランダに一杯置かれているような場合には、
非常口を塞いでいるという理由からそのゴミを強制的に撤去させることは可能です。

集合住宅においては同じ階のベランダは火災時の避難通路として
きちんと開けておかなくてはならないと義務付けられているので、
そこに大きなものを置いておくのは安全配慮義務違反となります。

難しいのが同じマンションではなく、隣接する建物がゴミ屋敷であったような場合です。
直接の管理下にない建物には管理会社も注意がしづらく、居直られてしまうこともあるからです。

しかし最近ではゴミ屋敷の問題が表面化してきたこともあり、
警察や保健所も以前よりは素早く動きをとってくれるようになってきています。