無断でペットを飼っている

ペットブームの裏側で起こる住民トラブル

ペットブームと言われている現在ですが、その裏側で深刻な動物に関するトラブルが数多く起こっています。
賃貸物件のほとんどは入居時の条件として「ペット不可」ときちんと定めているのですが、ペットブームということもあり無断で自室でペットを飼育していることも珍しくありません。

ペットを無断で飼育していた場合、退去時にペットによって起こった室内設備の汚損の原状回復義務を負うことになりますので敷金からかなりの金額が充当されることとなります。

そればかりかもし飼育をしていて自室だけでなく近隣の住宅に著しい迷惑をかけるようなことがあれば、それを理由に立ち退きをせまられることも考えられます。

規約できちんと「禁止」と定められていることを無断で破ることは重大な契約違反となりますのでかなり強い罰則の対象となることはぜひ多くの人に覚えておいてもらいたいです。

またここ最近ではペット可の物件やマンションにおけるペットトラブルも増加傾向にあります。
ペットを飼育するためにはその動物の生態をしっかり理解するとともに、周辺に迷惑をかけないように飼い主が責任をもって対策をとっていかないといけません。

糞尿の処理をせずに悪臭がしたり、適切なしつけをせずに鳴き声による騒音が起こったときにはかりにペット可であっても損害賠償を請求されることがあります。

どこまでが飼育されるペットとしての限度になるか

分譲マンションもしくはペット可の集合住宅であっても、必ず使用細則には「他の区分所有者に迷惑または危害を加えるおそれのある動物を飼育することを禁止する」といったような内容の文言があるはずです。

というのも例えばペットとして小型犬や猫などを飼育するならまだよいのですが、大人の力では到底抑えることが不可能な大型犬や猟犬を飼育していたり、はたまた毒蛇やアリゲーターのような危険な動物を飼育することまで許されては大変なことになります。

そのため常識的に飼育が難しいとされるペットを室内で飼うこともまた規約違反行為にあたります。
実際の判例としては、過去にペット可であったマンションに対し住民のペットのマナーが悪化したことを理由に管理組合がペット不可と規約を改定したことを認めたケースがあります。

ペット類の飼育をすることにより建物に著しい損害を与えることが明白な場合にはそれを規制することは法律的に認められています。
ですのでもし規約が変更されるなどしてペットの飼育が禁止された場合には是正がなければ立ち退きや損害賠償の対象となります。

隠れて飼っていても必ずバレます

ペットに関するトラブルが深刻化しやすい理由として、飼い主さんが「どうせばれないだろう」というふうに甘く考えていることがあります。

しかしペットは生き物であるため必ず生活音が発生しますし、抜け毛や糞尿のニオイなど飼っていない人からすぐにわかる現象が起こります。

最近大きな問題になっているのが野良猫へのエサやり問題で、自宅で飼育しているわけでないのだからよいだろうと近くに住んでいた野良猫に日常的に餌を与えていた住民が訴えられたケースがあります。

本人にしてみれば野良猫に餌をやったら懐かれて気持が良かったのでしょうが、その結果近くに多くの野良猫が住み着くことになってしまい、糞尿や騒音などのトラブルを作り出すことになりました。
こうした野良猫へのエサやり問題は全国的に訴訟件数が増えており、時に立ち退きを要求されるまでに発展していたりします。