上の階から水が漏れてきた

漏水の原因特定は難しいのが現状

古いマンションやアパートでしばしば起こるのが上階からの漏水です。
集合住宅で起こる漏水の主な原因は2つあり、建物床部分に入れられている配管の故障もしくは人為的な要因です。

人為的な要因の例としては、バケツの水をこぼした、洗濯機のホースが外れていた、玄関など防水処理をしていないところを水洗いしてしまったなどといったことがあります。
他にもトイレやキッチンの排水管が詰まってしまった場合に水が漏れてそれが床にこぼれたということもあります。

もし集合住宅内で漏水トラブルが起こった場合には、その原因が建物そのものの不具合なのかそれとも住民の行為によるものなのかを特定しなくてはいけません。

水漏れが起こると床や壁などに大きなダメージを与えて建物そのものの強度を落としてしまうだけでなく、漏水があった部分の下にあった家財道具を汚損してしまうこともあります。

もし漏水があった真下に電化製品があった場合などには高価な製品が使用不可能な状態になってしまうこともあります。

もし自分の部屋の中で漏水が起こっているということがわかったら、直ちに大家さんや管理会社に連絡をし原因を突き止めて漏水を一刻も早く止めるようにしなければいけません。

水漏れの原因により損害賠償の請求先は異なる

水漏れの原因がどのようなものであるかにより、その結果生じる損害の請求先が変わってきます。
まず水漏れが古くなった配管の破損や機能的な問題によるものであった場合、その責任は建物の持ち主に向かいます。

マンションの場合には管理組合が大家さんの代わりに責任を持つこととなり、あらかじめ加入している保険や積立金から現状回復と損害賠償を行います。

問題はほかの住民の行動に起因する場合で、もしその行為が著しく注意を欠いたものである場合にはかなりの金額の損害賠償を請求されることになります。

最近のマンションやアパートではそうしたトラブルが起こった時に速やかに損害賠償ができるように火災保険への加入を義務付けていたり、他の保険に個人賠償責任保険をつけるようにしていたりします。

漏水による損害賠償はしばしば高額なものになりがちであり、もし自分のちょっとしたミスで起こったといく時には一気に数千万円もの請求をされてしまうことも考えられます。
自らが加害者になる可能性も考え、あらかじめ保険に加入しておくことを強くおすすめします。

プライバシーを理由に立ち入りを拒まれたら

人為的な理由の漏水の場合、その原因となるものが取り除かれればすぐに漏水は止まります。
しかし住民の中には自分のプライバシー権を盾にして自宅への立ち入り調査を拒む人もいます。

本来ならば漏水が発生したらすみやかに上階に立ち入り原因を究明すべきなのですが、そもそも立ち入りを拒まれてしまってはどこに漏水の原因があったのかをはっきりさせることができません。

過去の判例では漏水が起きたときに立ち入りを拒んだ住民に対し、裁判所は立ち入り受認義務があるとして拒否は不法行為であるとしています。
立ち入りを拒んだことにより原因究明が遅れ、その結果損害が広がった場合にはより高額の損害賠償が請求されることになります。