駐車場に知らない車が。

無断駐車

駐車場マンション敷地内や町中の契約駐車場などを見ると、「無断駐車には○○万円の罰金を請求します」といったような文言が書かれているのをよく見かけます。
月極駐車場などでは入り口に何らかのゲートが設けてあるということもほとんどなく、昼間にほとんど車がないときなどは、勝手に車を駐車してしまう人もいるようです。

路上の違法駐車の場合には警察に連絡をすれば駐車違反として処理をお願いすることもできるのですが、私有地や駐車場として使用されている土地の場合、それは違法駐車としてではなく迷惑駐車としての取り扱いになってしまいます。

公道ではないところへの無断駐車の場合には道路交通法は適用されることになりませんので、民事不介入の原則により警察が直接それを取り締まることはできません。
無断駐車を繰り返す人というのは、そうした警察に捕まることはないということを知っていて、わざと迷惑行為をしているというふしすらあります。

ですので「無断駐車には○○万円の罰金」という文言には、法律的には何の根拠もないということにもなります。
もし本当に無断駐車が発見された場合でも、その行為をした本人が自分からその金額を支払う場合を除き、駐車場の所有者がその金額の支払いを直接求めるということはできないのです。

法的な解釈

法律的な解釈を厳密にするならば、「もし無断駐車が発覚をした場合には、迷惑行為を受けたとして○○万円の損害賠償を請求する」という予告行為ということになるでしょうか。
また無断駐車は本来その敷地を所有している人に断りなく土地に入っているのだから侵入罪になるのではないかというふうに言われることになりますが、侵入罪は正しくは「住居侵入罪」という罪状なので、駐車スペースは居住地としては扱われず直接逮捕をされるということはならないのです。

あえて刑法として処理をするのであれば、迷惑行為をしたということによる「軽犯罪法違反」として取り締まることは可能です。

ちなみに、日常的に違法駐車を受けているという場合車のナンバープレートから持ち主を特定したいと思うかもしれませんが、無断駐車を理由に個人情報を漏らされるということはまずありません。
言ってみればほとんどの場合、無断駐車に対しては泣き寝入りをしているのが実情です。

もっとも無断駐車が堂々と連日行われているということであれば、その悪質性を警察に通報することで対応をお願いすることは可能です。
間違ってもタイヤの空気を抜いたり車体に傷をつけたりという報復行為はしないでください。