ペットの臭いに関するトラブル

ペット関係のトラブル

ペット不動産関連のトラブルのうち、集合住宅でかなり頻繁に発生しているのがペットの臭いに関するものです。
最近は少しずつ許可物件が増えてきているとはいえ、基本的に賃貸マンションやアパートなどではペットを飼育することは禁止されています。
ペットを飼いたいと考える人にとっては犬猫ならともかく、ウサギやハムスターのような部屋を傷つける心配の少ない動物なら別にこっそり飼ってもいいんじゃないかというような気がします。
ですが、たとえ部屋そのものに傷をつけることはなくてもペットを飼育するとどうしても出てしまうのがその動物の臭いです。
ウサギやハムスター、モルモット、フェレットなどの動物ではどうしても糞の臭いがしてしまいますし、爬虫類や金魚などでも水から生臭い臭いがしてしまったりします。
ペット可の物件として入居者が募集をされていたとしても、管理方法が悪かったりベランダなど共有部分やそれに近いところで放し飼いにしていることで、臭いに関するトラブルが生じてしまうこともあります。

もし賃貸マンション・アパートに入居するときの契約書に「ペット不可」と記載されていたにもかかわらず勝手に飼育を始めたということであれば、それを理由に退去をせまられる可能性もあります。
いずれにしてもどのようなペットであっても契約書にかかれていないようなことを勝手な判断で行うというのは一方的な契約違反になりますのでしないようにしましょう。
ばれなければ大丈夫と思っているかもしれませんが、退去をするときにもしペットのために室内に損傷があったり消えにくい臭いがついてしまっているとそれを理由に敷金の返還額を大幅に減額されてしまうことにもなります。

臭いのトラブル

しかしトラブルとしてより面倒が大きいのは、直接契約でペットが禁止されていない場合の臭害です。
例えば入居時にはペット不可の物件であったのに、空室が増えたため大家があとからペット可の物件にしてしまった場合、それ以前に入居していた人が感じる臭いや音についてです。
そうしたとき、あとから入居した方としてはペットがいてもよいということで入居をしたのに、隣接する部屋の住人から苦情を受けてしまうことにもなります。
また、建物同士の距離が近い物件で隣の家から臭いや鳴き声が頻繁に聞こえるというときも面倒が大きくなります。
そうした場合にはどちらに責任があるかが明確でないため、まずは大家や管理会社を通しての話し合いを行い、それぞれに対処をしてもらうことになります。