リノベーション物件の魅力

リノベーションの特徴、魅力

すっかり世間的に定着した感じのあるのが「リノベーション」という言葉です。

「リノベーション」とは「リフォーム」と「イノベーション(技術革新)」を合わせた造語で、既存の建物を改築する時に用途や目的と大幅に変更することを言います。
リフォームについてはテレビのバラエティ番組のテーマになるほど世間的な関心は高く、古くて使いにくかった住宅設備がピカピカの最新式の家に生まれ変わるという事例が多く紹介されるようになりました。

リノベーションも、基本的には古い設備を一新して最新式の住宅設備を導入するということで、リフォームと変わりありません。
実際にリノベーションを行った物件の例としては、古民家をリノベーションして旅館やレストランなどの店舗に利用をしたり、個別のマンションであったところを拡張してシェアハウスにしたりといったようなことがあります。

近年ではマンションやアパートの空き室が増えたり、住む人がいなくなった空き家が全国的に増加していたりするので、リノベーションにより新しい価値を建物に与えるという動きは非常に推奨されるものです。

メリット・デメリット

リノベーションが注目されるようになった大きな理由として、新築で建築するよりもずっと安価に理想的な建物を作ることができるというメリットがあるからです。

最新設備を導入するリノベーションは高価なイメージがありますが、建物そのものがきちんとした形で残っているのであれば工事はそれほど難しいものではありません。
外装はそのままで内部のみ最新式にするということもできるので、住む人にとっては快適な住宅環境を作り上げることができます。
当然工事にかかる時間や手間も新築よりも少なくてすみますので、できるだけ早く建物に入りたいという人にとってもおすすめです。

近年では建築技術が向上したことにより、古い住宅ではできなかった間取りや設備を入れることができるようになっているということも、リノベーションが選ばれる理由になっています。

ただしデメリットもあり、既存の住宅をもとにして作るため、完全に思い通りの間取りにすることができない点が問題となります。
柱や壁の一部を取り除くことは可能であっても、支柱として使用されている部分は撤去することができない場合もあるので、不自然に建物の中央に柱が残っていたりするようなリノベーション物件もあるのです。

また、建物が古い建築基準で作られていると耐震性に問題がある場合もあります。
長く使用するリノベーション物件にするなら、耐震性強化の工事も同時に行っておいた方が安全と言えるでしょう。

リノベーションは新たに設計をしなおして作るので、施工業者によってかなり仕上がりが異なるというのも注意しておきたい点です。